Superfly Gifts

Superflyの越智 志帆さんが歌っている「Gifts」

Nコン2018 中学校の部 課題曲ですが、今ハマってしまっております。

ちなみに、ワタクシの母がお陰様で8月27日に退院、現在自宅療養中でございます。

その母が自宅の52インチのテレビで夜寝るまで、ほとんど毎日NHKをながら見しています。

ワタクシの部屋にもその音が響いてくるわけですが、10時50分からの「みんなのうた」で

流れてきたのが「Gifts」で最初は「いきものががたり」かなんかの歌かなぁと思っていて

各段気にも留めなかったのですが、何度か聴いていくうちにコレは「いきものががたり」の

ちゃちい曲ではないと感じ始め(いきものがたり」フアンの方々スイマセン)、おっ!詩が

イイじゃんと、興味が湧いて調べたのです。

Superfly、越智 志帆共初見でした。あぁ、ググると「愛をこめて花束を」は聴いてましたね。

下記の動画や詩を見てみて、またしても50オヤジの、ご、号泣です!

NHK東京児童合唱団

https://www.youtube.com/watch?v=iom6Lz4qhts

中学生くらいの子たちの合唱は夢と希望に瞳がキラキラ、ウーン最高です!ううっ、、

一種の「自殺しないで」というメッセージソングになるのでしょうか?

「下弦の月」という言葉も恥ずかしながらこのトシで始めて聞くのですが

月の周期は約29日となっており、地球上の様々な生命体の活動や性質、人間の肉体や精神面に

も大きな影響を及ぼしていると言われているようです。

「下弦の月」の時期は「新生活に希望を持つことが出来る」タイミングだそうです。

「死にたいなんて考えを捨て明日からの新しい人生を過ごそうよ」

下弦の月があんなに輝くように

いつか眩いあなたに気づくといいね

その無い物ねだるクセ 心はいじけちゃうよ

あの子になりたくて 自信のかけらもないこと

でもね

ああ あの日生まれ名前があるから

ああ 父が母がそばにいるから

あなたに誇れる愛はある 照らしてみせてよ

そうさ

ああ 辛く悲しい痛みがあるから

優しくあれる あなたの光はみんなを癒してく

今日もあの月のように

人の波を進む帰り道は 皆それぞれみんなバラバラでしょ

ほら涙を流すたび心は錆びてしまうよ

同じ人なんていないから孤独でも仕方ない

でもね

ああ 聴きたい歌や声があるから

ああ 泣いた本や映画があるから

あなたを導く夢はある 照らしてみせてよ

ほらね

ああ 強くまるい心があるから輝くはずさ

涙に負けないあなたが生まれてゆく

春も夏も秋冬もぐるぐると巡ってく

そうだ

ああ 行きたい国や街があるから

ああ 食べたいおかずとごはんがあるから

あなたの生きてく意味はある 笑って見せてよ

だから

ああ 今が過去が未来があるから

明日があるから

きらめく下弦のあの月を見て

願いを込めて歌うよ

あなたがあなたでありますように

「ああ あの日生まれ名前があるから

ああ 父が母がそばにいるから

あなたに誇れる愛はある 照らしてみせてよ」

確かにこの世に生を受けたこと自体が尊い奇跡なのでしょうか、、、

そういうアナタは他人へもその奇跡を共有する義務があるよ、、

「ああ 行きたい国や街があるから

ああ 食べたいおかずとごはんがあるから

あなたの生きてく意味はある 笑って見せてよ」

難しいことではなくって、たとえばアナタが好きな食べ物があれば、ただ、それだけで

アナタの「生きる意味」はあるんだよ

うーん、、こうして歌詞を聞きながら号泣している50オヤジでございます。ううっ

Nコン2018 関東甲信越ブロック 中学校の部 課題曲「Gifts」全体合唱

YouTubeで今日上がっていた、こんなの見ると合唱している女子で泣いてる子が

結構、多いですね。中には泣き崩れてる子がいたりして、何事かと焦りましたが、やはり歌詞

に感極まってしまうのでしょうか?

コレって、スゴい事じゃないですかね!

確かに中学生くらいの感受性が豊かな頃に聞けば胸に響くモノがあり自殺を考える子の

何人かの心の改変はあるかもしれませんよ、、、そう願いたいです。

お陰でおじさんも号泣してる上にさらに、もらい泣きしてしまい、デンジャラスな状態です。

が、しかしですね、、自殺をたまにちょっと考える50男の心にはもうすでに時遅く

虚しいメッセージに聞こえてしまいますねぇ、、、「笑って見せられません、キリっ」

あぁ中学生の頃に戻りたい、、ううっ、、、

越智さんはルックスは?ですけど歌唱力はスゴイですね。

「Everything」を歌うMISIAを思い出しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする