101回目のプロポーズ

「101回目のプロポーズ」DVD

ついに、ついに、、買ってしまいました、、、

ワタクシにとってはテレビドラマのナンバーワンは間違いなく「セカチュー」です。

もう、間違ってもリアルでテレビドラマは観ませんし、過去作からになるわけですが

2位は何かなぁーの考察すると、この「101回目のプロポーズ」になりますでしょうかね。

放映が1991年ですから、、27年前ですか、、、

このブログを見ていて下さっている年齢層は分かりませんが、若い方の中には確実に知らない

方も多いのでしょうかねぇ、、、あっ、懐かしのドラマ編などの特別番組などでドラマ名、

伝説の場面などをご覧になって知っている方もいるかもしれませんね。

空前大ヒットのドラマの主題歌のCHAGE&ASKAの「SAY YES」の方が有名かもですね

ワタクシはリアルタイムでは観ていません。たしか、罪悪的な浪人生活をさすがに止めて

会社に就職、営業職なもんで慣れない中で成績伸ばそうと必死で仕事に打ち込んでいた

くらいの時期だったでしょうか、、、

やっと仕事にも慣れ、時間も少し出来たとき、テレビの「過去のドラマ特集?」な感じの

モノを観て、チョット興味が湧きレンタルビデオで視聴した記憶があります。

主演、武田鉄矢ですから、コミカルタッチの恋愛ものと軽く考えておりましたね。

が、しかし、しかしですよ、、、当時のワタクシの環境とか考え方とかに妙にハマって

しまったようで、大洪水のように感動が押し寄せ、タオル片手にオンオン泣きながらの

鑑賞になってしまったのでございます。

ここで、簡単なストーリーですが、、

42歳建設会社係長の主人公は今までに99回の見合いをしてプロポーズするも全て失敗。

気が進まないが周りの説得で100回目の見合いに挑んだのです。

その見合い相手がチェロ奏者の可憐なヒロインなのでした。もちろん、主人公は一目惚れ、

100回目のプロポーズ、尋常ならぬ猛アタックの末にヒロインも気持ちが傾き、、が、、

その後グタグタとイロイロありましてまたもや、ポシャり、、、これが最後だぞ!と

101回目のプロポーズでなんとか結婚となります。ハッピーエンドでございます、、

スゴイ端折っておりますが、こんな感じです。

出演者、

武田鉄矢(主人公)

眼とか鼻とかパーツ、パーツで見るとそんなに悪くないと思うのですが、体型全体で見ると

いわゆる「ブ男」の部類に属してしまうのでしょうか、ナイスです

浅野温子(ヒロイン)

1990年代のトレンディドラマの女王ですね。ワタクシ的には、好きな女優さんでした。

美人さんとは思いませんが、「可憐な」といいますか、なんか、いい表情が時折り出ますね。

明らかにリアルでその辺で見かければ魅入っちゃうかなぁー、、ナイスです

でも、現在の劣化が激しいですね

江口洋介(主人公の弟)

コレは何かのぎゃぐですかっ!

でも、ずっとドラマを観ていくと何故か違和感が無くなっていきます、、不思議です

ちなみに、ワタクシ世代です。ナイスです

田中律子(ヒロイン妹)

ガングロです、眉毛濃いです、、当時のトレンディーな雰囲気マンマン、、

最終回の彼女のセリフに号泣しました。存在感あります、、ナイスです

「路線バスで寄り道の旅」で徳光さんと出演してますが、劣化少ないですね。

竹内力(ヒロインの同僚で主人公の恋敵)

イヤー、当時の竹内力は爽やかな青年でウットリしますね。現在のvシネマのヤクザだけしか

知らない方ですと大変驚くでしょう、、劣化ナンバー1

何気に美味しい役どころです。ナイスです

石田ゆり子(主人公の会社の受付嬢)

この女優さんもイイ歳の取り方で現在でも劣化少ないですね

フンワリ、天然の入った役どころが妙にハマっています。ナイスです

長谷川初範(ヒロインのトラウマとなっている死んだ婚約者=主人公の会社の上司の二役)

この男優さんも当時のトレンディドラマの立役者と言ってもいいのでしょうか。

ワタクシ的には、妙に歯が白く、ハードホモセクシュアル系の雰囲気が漂っておると

感じたものです、現在は見ないですね、、生きているのでしょうか、、ナイスでした

この方の登場するストーリー中盤以降、ストーリーの2面性が感じられワタクシ的には、

好きな展開です

ざっと出演者を紹介しましたが、こうして改めてみると、結構、魅力的なキャスティングです

チョット長くなってしまいましたので次回に続きます。

なおセカチューのように画面キャプチャー画像は張らず文章のみで行きますね

なんかキャプチャー、メンドクサイし、セカチューの様なビジュアルとしてはあまり

見せ場が無いように思えるので、、、(何か所かあるにはありますが)

あっ、ちなみに、本記事は101回目でございました。ダはははっ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする