ウィザードリィ

本日は近くの「稲毛神社」で山王祭なる夏祭りが開催中で、朝から太鼓やら笛やら

みこしを担ぐ掛け声やらで、せっかくの休日の2度寝を邪魔されて、いささか不快です、、、

夕刻時にちょっと屋台を見に行きましたが、ワタクシの大好きな焼きそばは、長い間売れずに

鉄板の上に放置されている状態だったので買わずに帰宅しました。

昨年もそうだったのですが、鉄板の上の放置された、焼きそばはヒドイです、、とても

食べれません、、、そばがのびてしまうというか、ふやけてしまうというか、、、、

さて本日の話題は「ウィザードリィ(Wizardry)」

ワタクシが今でも、繰り返しプレイしている、ゲームです

ワタクシが最初に「ウィザードリィ」に出会ったのはファミコンです、、、

ファミコンは既にワタクシが高校生の時に発売されてましたが、あまり興味が

湧きませんでしたねぇ、、高校卒業後、浪人時代に「燃えろ!!プロ野球」という

ゲーム紹介を何かの雑誌で読み、そのテレビ中継さながらのプレイ画面に大いに興奮して、

初めてファミコン本体と一緒に購入しました。

ハマりましたね、、浪人仲間と酒を飲みながら一日で10戦くらいは対戦してたでしょうか

ソレがファミコン中毒の始まりで、「ドラクエ」やら「ファイナルファンタジー」やら

「RPGゲーム」に傾倒していったのです。

無駄に長い浪人時代は、まさに、ファミコンにも起因していたのでした、、、

「ドラクエ3」発売の紹介で、しきりに「ウィザードリィ」の名前が登場していました。

ちょっと興味が湧き、購入したのが「ウィザードリィ(Wizardry)」との出会いです

初めてプレイしたときは、訳が分からず、、しかし、慣れて来るとそのシビアな

ドSな世界観にどっぷりとハマってしまったのでした。

ストイックな戦闘場面で「・・・は首をはねられた」とか「レベルを下げられた」とか

さらには「・・・・は埋葬されます」とか、、、

「ウィザードリィ」を語ると長くなりますので今回はここまでにします

ちょっと睡魔が襲ってきたので、、、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする