Let It Be

私が小学生6年生の大晦日、ラジオから流れた、Beatlesの「Let It Be」

まだ小学生ながら衝撃的な感動を覚えました。

小学生ですから、まだ英語も習ってませんし歌詞の意味も分かりません。

ですが、「レルピー」と聴こえた、サビフレーズメロディーラインの繰り返しに

大変な感動をしたのです

早速、川崎駅ビルのレコード店に駆け込み、店員さんに

「ビートルズでサビがレルピーとくり返すのがほしいのですが、、、」と訴えました。

その店員さんはすぐにうなずくと、奥から陳列棚より一枚のレコードアルバムを

出してくれました。

「それはこのアルバムの中の”ヘルプ”ですね」

疑うことをまだ、知らいない純粋、無垢な小学生の私は喜び勇んで購入、

家のレコードプレイヤーにセットして、ワクワクしながら、レコードに針を落としました。

一曲目が「ヘルプ」でした。

聴くそうそう、始まりがピアノじゃないし、アップテンポの出だしなので、すぐに固まってし

まいました

「チガウ、、」

結局、当時のワタクシには「Help!」をはじめ、「Yesterday」以外は全く興味が持てませんでした

その後、Beatlesの「Let It Be」だと判明、、中学生から始まるBeatlesを中心とした

洋楽趣味がスタートしたのでした。

今でも普段よく聴くのは90年代までの洋楽中心です。

ベスト版なる自ら編集した、洋楽集、約300曲くらいをUSBに入れてエンドレスに流して

ドヤ顔で聞き惚れております、、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする