モスバーガー

私はマック、大、大、ダイスキ人間ですが、幼少期を振り返ると『モスバーガー」が

ハンバーガーというB級グルメのルーツになるような気がしています。

マクドナルドなる「ハンバーガー」を初めて食したのは、今は亡き、川崎の百貨店「小美屋」

デパートでした。なんでも、マクドナルドの神奈川県第一号店がココとか、、、

米国より上陸のマクドナルドには並ならぬ興味があった記憶がありますねぇ。

しかし、幼稚園年少児の子供の口にはあまり美味しくなかった記憶があります。

ピクルスが苦くてマズかったような、、、

以前、話したように私の生まれは、川崎の「平間」なんですが、その商店街に

小学生高学年の頃、「モスバーガー」が出来ました。今でいうフランチャイズなのでしょうか

商店街の知り合いのおばさんが、厨房でハンバーガーを焼き、アノ、デミグラスソースを挟ん

で奮闘しておりました。調理風景が見えるオープンなお店でした。

当時「ハンバーガー」なるものは、あまり知名度もなかったものですから、とても繁盛、

賑わっていたのを思い出します。

マックは苦手のワタクシでしたが、「モスバーガー」はヒットしましたね!?

アノ、コマ切れ玉ネギのデミグラスソース、、、とんでもなく美味しかった記憶があります

学校帰り、調理風景を見ながらヨダレを垂らし、出来上がりを待っていた記憶が甦ります。

その後、次第に接するようになったのが「マック」、、出店スピードが「モスバーガー」を

遥かに超えていたのでしょう。

気づいたら「マックダイスキ人間」になってました

さすがにマック、マック、だけでは飽きるので「バガーキング」をはじめ

「ドトールコーヒー」のジャーマンドック等も食しています。

モスバーガーは、正直言ってお金の余裕があるある時の利用です。

「モスバーガー」2個と「チリドック」1個、

マグカップに入った、コヒー、、ジャガイモ感が半端ないフライドポテト、、、

マックなどより遥かに優雅な時間を満喫出来ますネ

でも、普段通いは、財布に優しいマックを選択してしまうのですが

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする