Galaxy S8+ レビュー

Galaxy S8+ を週末、使ってみた感想を簡単に

「バッテリー」はGalaxy S7 edgeよりは少しは持つかなぁといった感覚です

あまり、過度の期待は持たない方がシアワセです。

約20グラム重量増、長さ1センチ増しですが、携帯感はあまり変わりません

「カメラ」は暗所での「手振れ」が少なくなりましたね。

「マルチフレームテクノロジー」なるソフトウェア技術の恩恵でしょうか

さて、カメラ画質ですが、Galaxy S7 edgeよりシャープネスが弱いというか

輪郭がアマイというか、、、比べるとそんな写真が撮れます。

補正すればいいのですから、特に問題ありませんね。

今回から伝統の「ホームボタン」が廃止され、感圧式ソフトウェアボタンになりました

ボタンの位置の長押しでスリープ解除になるのですが、反応が鈍くイラッとします。

ですから、ワタシはスリープ解除は右横の電源ボタンを使用してます。

何気にS7より電源ボタンが押しやすくなっているような、、、

そうそう、音楽再生アプリは「Poweramp」を入れているのですが

意図せず謎の起動が数回ありました。仕事中、いきなりでビビります。

気になったのはソレくらいでしょうか。

なにしろ、大画面でwebの視認性が向上、気のせいか早くなっている印象もあり

気に入ってます。

このGalaxy S8+ については、今後も随時、レビューしていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする