世界の中心で、愛をさけぶドラマ版 サントラ

AH病も「寛解期」を迎え、とても優しい気持ちで、セカチューを

ほぼ毎日、2話づつ拝聴しております。

セカチューを観ていると、何というか「落ち着く」というか、「居心地がいい」というか

その世界観に、現実を忘れて、癒されますね

この神ドラマに、いまだ狂乱しているワタクシですが、改めて考察していくと

演出、脚本、音楽、俳優の全てが奇跡の融合で成り立っているのですよ!

たとえば音楽、「河野 伸」さんなる音楽家も初めて知りましたね、、ユーチューブより、、、

1987年、夏

これは「1987年、夏」、、オルゴールが郷愁を誘いますね、、、ウゥ、、

朔と亜紀

メインテーマ「朔と亜紀」、、ドラマ要所でキメの音楽です、、もう、ダメです、ウゥ、、

柴咲コウ / かたちあるもの

AH病患者には、涙なしには聴けません、、、ワァー、、、タオル持って来い

その他、ユーチューブには様々なアレンジバージョンもありそれぞれに泣かせてくれます。

音楽をスマホに入れて持ち歩いてますが、電車、バス、徒歩の移動中に聴くと、

ドラマの場面、場面を思い浮かべ、号泣となり、、、

周りの皆様に怪訝な目で見られ、困ってしまいます。

ネットでの情報収集を、2ちゃんねる、ファンサイトのBBSなどから収集をしてますが
ドラマのいろんな解釈が拝見でき、とても参考になります。

私的にはセカチューには「死生観」の解釈を求めているのです、、、

すなわち、、、

喪失からの再生と後追いでの「自殺」、、なにやら不穏な話になりますが、、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする