人生の「負け組」

私は自分の人生、「負け組」とすでに自負しております。

一度、何処かで正直に話し、懺悔したかったのです。

ブログという手段ができたので、この機会に話しておきたいと思いました。

私は大学を出てません。高校卒業後、医学部を目指して浪人してました。

毎年、両親には噓を言って、実際たいした勉強もしていないのにも拘わらず、

ヤレ、アノ予備校だったらイイと騙しながら、5浪もしていました。

駿台、河合塾、今は亡き代ゼミへ通学、全国模試をよく受けたものです。

とどめは、コレも今は亡き「両国予備校」、医学部受験の当時の名門、、

学費が一般私大並み、しかも全寮制。

さすがに、思いとどまりましたが、要は両親がお金を出してくれました。

高校卒業後6年、今は亡き父親の株の失敗で状況が一変します。バブル崩壊です。

さすがにバカな、オヤのすねかじり息子も眼が覚めます

25歳で初めて高卒で、とあるPCソフトメーカーで営業職を始めました。

その後、転職は何度したことでしょうか、その度に転職に関わる費用を母親からせびり

結婚したら、したらでお金を母親からせびり、母の預金を食いつぶして、離婚、

今に至ります。

要は長い間、親に依存した生活なのでした。

こんなバカ息子もなかなか、いないでしょうね

母方の親戚筋とは少なからず付き合いはありますが、私の素行を知る親戚も母が亡くなれば

そこで付き合いも終わるでしょう。一人っ子の為、天涯孤独になります。
現在、母も高齢で病気もあります。

その介護をしっかりすることを、このバカ息子の至上命令と、すること、

もし、全てお見通しの全能なる「神」がいるのであれば、せめてもの償いで

将来的には、このバカ息子の「ケジメ」も考えております。
あぁ、スッキリしました、、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする