わが川崎

私は生まれも育ちも神奈川県の川崎です。

しかも、50年近く生きてきて、ほとんど川崎の外で暮らしたことすら無いです。

川崎に住んだことの無い方々の想像する「川崎」はまだまだ、イメージが悪いかも

しれませんねぇ。

京浜工業地帯に隣接する工場の街。競馬、競輪の街。堀之内ソープランドの街。

イメージをマイナスする点が確かに、昔から存在しました。

私が小学生の頃は、たまに「光化学スモッグ」警報が発令されてました。体育の授業中で

あれば教室に避難です。今ではあり得ないことですよね。

しかし今の川崎は大変貌を見せています。川崎駅西口は昔は「東芝」の工場が広がる寂しい、

暗い雰囲気でしたが、その跡地に2006年開業のショッピングモール「ラゾーナ川崎」と一緒に

開発が始まり、今ではラゾーナ川崎を中心に駅近タワーマンションが林立しています。

「明治製菓」工場跡地には「ソリッドスクエア」を中心にインテリジェントビル群、、、

思い出補正が強い懐古ちゅうの私にとっては、なんか淋しく感じるのですが、、、

冒頭の写真は旧川崎市役所です。コノ時計台のある建物は市のシンボルとして、京都市役所、

名古屋市役所に次いで全国3番目に古い歴史ある建物でしたが、耐振性の問題で現在、

建て替え中です。

そうそう、今年に入り川崎市の人口は150万人を突破しました。

「武蔵小杉」の無茶な開発状況もあり(な、なんと!マックが一軒もありません。)

これからも川崎市の人口は増加していくのでしょうね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする